歴史を知っておく

Common drugs

サインバルタは、抗うつ薬として販売されている医薬品の名前です。登場したのは2010年ですので、まだ歴史的に見た場合は6年ほどと短いです。日本国内においてはサインバルタという名称で販売されていますが、正式名称はデュロキセチンと呼びます。開発自体は1988年から行っていますが、開発の際には様々な苦労を重ねて生み出されました。主な効果としては、うつ症状や精神障害などの改善効果のほか心因性の痛みについても緩和させることができます。こうした用途の幅広さから日本国内を含めた世界95か国で承認されています。サインバルタにも副作用はありますが、従来の抗うつ薬と比較するとそこまで重くはありません。服用のしやすさが人気です。

サインバルタを購入するにあたっては、医師から処方薬として入手するか個人輸入代行業者を利用して購入するかを選択することになります。平均的な価格相場については、個人輸入代行業者にもよりますが安めで購入できるところだと1個3千円から4千円台で購入することができます。商品のタイプについては20mg・30mg・60mgのものが販売されています。まとめ買いをすることによって、1箱当たりの値段を安く抑えることができます。医師から処方してもらう場合には、保険適用になっているため負担する金額は安いといえます。ただ、サインバルタは基本的にあまり通販サイトでは販売されていません。それから個人輸入で購入する場合は自己責任となっていますので、事前に医師と相談してから購入するかどうかを決めておくようにしましょう。